相場とは、「戦場」である。
Market is a battlefield.
個別銘柄

インターファクトリーの暴落と今後への反省

インターファクトリー暴落

前日ティアンドエスがストップ安となり、ニューラルポケットも崩壊したにも関わらずインターファクトリーがそのまま剥がれずだったので強いのではないかと推測できました。
そして翌日の気配はストップ高張り付き、その後9時半ごろになるとティアンドエスの暴落に追随するかのように売りが増え買いが減りそのまま売り気配に。

下で寄ったのはいいが買いが入らずグダグダしている。

このトレードを回避するためにどうすれば良かったか?

・ティアンドエス、ニューラルポケットの動きをよく見ておく
・公募900円程度の銘柄ということもあり当選者はものすごい利益を上げているのでいつ売っても問題ない心理である
・安倍首相が17時から会見することが報じられている(退任については菅さんが否定)
・金曜日

これらの要因からなかなか危ない日であることは明確でした、今日の下げで高音付近には死体が転がっている状態になっているので上値はなかなか重いのではと思っています。

シンプルにここ数日間のマザーズは上げすぎていたということもあるのでいつバブルが弾けてもおかしくない状況にあったとも言えます。

そして再エントリーのタイミングはグダグダになった1時間後からにしましょう。
それまではどっちに行くかがわからない人が多いので基本的に「見」の方がいいです。

資金力がある人は5500円くらいで買い集めて、その後の後場寄付直後の買い気配で利確していたと思います。
それくらい余裕のある人でないとIPO触るのは厳しいと感じました。

インターファクトリー自体は時価総額も200億円で高いというわけでないですし、事業内容もトレンドに沿っていると思うので中長期で見るなら面白いと思います。
しかし今日の後場の急騰で6000円から6400円の間に新たな死体が生まれたのでそこを突破するまでは厳しいかも知れません。

とりあえず相場が落ち着いてチャートも上向きになったタイミングで入り直すのが良いのではと思います。